04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.03/09(Tue)

フィンランド写真 vol.8 the final

ずいぶん間が空いちゃったけど、フィンランド写真の続きです。
今回が8回目で、いよいよ最終回です

旅の最後の方で印象に残った景色や建物をまとめて紹介します。



まずは、ロヴァニエミ教会。
ここは第2次世界大戦で破壊された街の復興の象徴として再建された教会で、
まさに街のシンボルです。尖がった塔の先端は54mもあります。
8-01.jpg



続いて、北極圏の生活や文化を見ることができるアルクティクム。
英語の説明を読むのに四苦八苦しながらも、十分に堪能できた博物館でした。
8-02.jpg



そして、アルクティクムの近くにあるマクドナルド。
青い看板の下の方に書かれている文字が見えるかな
8-03.jpg

「THE NORTHERN MOST McDONALD’S」

つまり、世界最北のマック
世界のどこに行っても必ず存在しているマックにも一応果てがあるのかと思うと、
何だか不思議な気分になりました。食べてる時はフツーだったけど



以前のブログでも紹介しましたが、薪が生活の一部となっているこの地では、
こんなトラックもよく見掛けます。やはり、木とともに暮らしてるんですねぇ。
8-04.jpg



そして、ヘルシンキのオレンジ色の地下鉄。
8-05.jpg



相変わらず可愛らしい電車内の絵。
犬が乗れる車両、乗れない車両の絵を以前掲載しましたが、
これは、いわゆる優先席。北欧らしい優しい絵です。
8-06.jpg



夕陽に映えるヘルシンキ大聖堂
8-07.jpg



ヘルシンキの街
8-08.jpg



8-09.jpg



8-10.jpg



8-11.jpg




う~ん、ホントに楽しい充実した1週間でした
オーロラも見れたし、サンタクロースにも会えたし、サウナの本場で4回も
サウナに入れたし、ヤンネさんの家でのクリスマスディナーも最高だった。
現地の中学生と触れあえたのも、今回ならでは。

kazさん、どうもありがとう
8-12.jpg


次は日本で会えるのを楽しみにしてます




kazさんのブログ >>> 実際のフィンランド教育

フィンランドや教育に興味のある方はもちろん、そうでない方も是非ご覧ください。

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

20:23  |  フィンランド  |  TB(0)  |  ☆★コメントはこちらから★☆(2)  |  EDIT  |  Top↑
2010.02/10(Wed)

フィンランド写真 vol.7

今回は、ロヴァニエミ(vol.2で紹介した街)にある「サンタクロース村」
7-01.jpg


サンタクロース村は、北極圏ライン(北緯66度33分)の上にあります。
7-02.jpg


北極圏のことは、この画像に簡単な解説があるので御参照ください。
7-03.jpg



ここにはサンタクロースのオフィスがあり、ナント本物のサンタクロースに会えます。
サンタが居る建物のとんがり帽子屋根には、Santa Is Hereの文字が。
7-04.jpg


さて、サンタクロースに会えるかな



その前に、サンタクロース村の中にある郵便局をご紹介。
(Santa Claus’ Main Post Office)
7-05.jpg

7-06.jpg

とっても楽しい郵便局で、雰囲気をひと言で表せば、「明るい雑貨屋」
働いている人もこんな恰好をしてます。

クリスマスカードを仕分けしてる人も、こんな感じでやってます。
7-07.jpg


ポストだって
7-08.jpg


この郵便局から世界各国にクリスマスカードが送られていました。
フィンランドのクリスマスカードは、日本で言うところの年賀状のような存在で、
都市部の郵便局に行っても大盛況でした。だから郵便局自体が素敵なカードや
ちょっとしたプレゼントが売っていて、華やかな雰囲気になっています



さて、話をサンタクロースに戻しましょう。

サンタクロースは、この建物の中のサンタクロースオフィスにいます。
7-09.jpg


フィンランドはサンタクロースやクリスマスの国と言ってもいいくらい。
生まれた場所も住まいも、フィンランドの山の中。

さぁ、いよいよ、東洋人代表(?)がサンタクロースに会います

     ・
     ・
     ・
     ・
     ・

じゃじゃーん
7-10.jpg



ヒゲ、長っ

気さくに、簡単な日本語で迎えてくれました。
彼こそが、世界唯一のサンタクロースです。
ミッキーマウスじゃありませんが、サンタクロースは世界に一人しかいません。
だから、東洋人に挟まれたサンタクロースは、ここにしか居ない正真正銘のサンタ


何だかすごく不思議な気持ちになったなぁ。
子どもの頃に信じていた世界が、この年齢になって目の前に広がった。
いつの間にか「そんなのいない」と認識していたけれど、今回の体験で、
「あの頃」とは違った意味で、夢の世界を信じてみようと思いました



2時台にもなれば外は暗くなり、明かりが灯ります。
7-11.jpg


3時台には真っ暗です。画像の中の青い線は、北極圏ラインです。
7-12.jpg



気温も下がり・・・
7-13.jpg




ファンタジーの世界を堪能させてもらいました。


なお、東京からの距離は、
7-14.jpg

だそうです。

意外に近いのか、意外に遠いのか、それは感じ方ですね。
ちなみに私は、「キロで表すと意外に近い」と思いました。





フィンランド写真の記事も、残すところあと2回だと思います。
長々と続いている企画ですが、もうしばらくお付き合いください。
ではまた

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

20:17  |  フィンランド  |  TB(0)  |  ☆★コメントはこちらから★☆(2)  |  EDIT  |  Top↑
2010.02/03(Wed)

フィンランド写真 vol.6

ソトカモの近くのカヤーニからロヴァニエミへ移動する電車の中の風景を。


車窓の外は、御覧のとおり真っ白な世界。フィンランドで何度も目にした景色
6-01.jpg



この国は犬を飼っている人が多いようで、町でも犬を連れた人をよく見掛けます。

それは、電車の中でも例外じゃありませんでした。


車両の入口を見上げると、何やらこんなマークが・・・
6-02.jpg



席に座ると、何やらこんな後頭部が・・・(笑)
6-03.jpg



おっ、凛々しい。
6-04.jpg



あっ、でもやっぱりベロ。
6-05.jpg



わっ、急にこっち向いた
6-06.jpg

怪しい東洋人がニヤニヤして撮りまくってるのが気持ち悪かったかな?
でも、何はともあれ、怪しい東洋人的には、かなりカワイイ~



窓の外は変わらぬ景色が続いて長時間乗っていたけれど、この犬のおかげで
しばらく幸せな気持ちで揺られていました



途中で姿が見えなくなったと思ったら、こんなところに登場したり。(my右足付き)
6-07.jpg



ワンちゃんと一緒に揺られて癒されたのもつかの間、駅に停車するたび増えるワンちゃん。
気づいたときには、我らの周りはすっかりプチ動物園に。
止む無く途中で後ろの車両へ移動しました。



移動した車両で入口を見上げると・・・
6-08.jpg



何とも、楽しい国です



6-09.jpg






次回(vol.7)はいよいよ、
「ヒロシ、サンタに遭遇!?」
の巻です。お楽しみに~

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

21:06  |  フィンランド  |  TB(0)  |  ☆★コメントはこちらから★☆(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.02/01(Mon)

フィンランド写真 vol.5

さて、今回は予告どおり、現地の方のお宅でのクリスマスディナー

kazさんの同僚で、中学校の教員であるヤンネさんが招いてくれました。


赤いネクタイがとても素敵なナイスガイです。
5-01.jpg

彼は親日家で、日本の近現代史に詳しいだけでなく、
ナント、柔道教室を開いてます。もちろん、フィンランドで。
その様子は、コチラコチラでご覧くだされ。(本格的だよ!)



続いて、ヤンネさんのお子さん(7歳の男の子と6歳の女の子)も一緒に。
5-02.jpg



そしてテーブルへ。
5-03.jpg


トラディショナル・クリスマスディナー(写真ヘタでゴメン…)
5-04.jpg

5-05.jpg



カッコイイよねぇ
5-06.jpg



鳥をはじめ、トナカイのハム、ライ麦のパンとベリーのジャムなどなどなど、
彩りも良く、とても美味しかったです
5-07.jpg



食後には、kazさんによる折り紙教室開講。俺も一緒に教えてもらいました。
5-08.jpg

そういえば、訪問させてもらった学校の職員室にも、kazさんが作ったと思われる
折り紙が置いてあったね~。
5-08-00.jpg



部屋の片隅には暖かい暖炉。
vol.3で掲載したように、暖かい時期に薪を集めておいて今使っているみたい。
5-09.jpg



この後、ヤンネさんとkazさんと3人でヤンネ邸のサウナへ。

サウナはインターバルでクールダウンタイムがあるんだけど、ここでは外に
出ました。外ですよ、外。もちろん、マイナス10度以下!!
さらにヤンネさん、積もっている雪を指さして、何やら話し掛けてきた。

「ヒロシ、ローリングっ!」

「えっ??マジで!?」と思って最初は躊躇していたけれど、裸のまま雪の上を
転がる二人を見て、「せっかくだから俺も!」と思ってローリング


火照った体と寒い空気と冷たい雪。何とも言えない、忘れられない感覚で楽しかったー



サウナから上がると、お茶とお菓子を用意してくれて、美味しく頂きました。
5-10.jpg



優しくて素敵なヤンネさん。最高の思い出になりました。どうもありがとう
5-11.jpg





次回は、vol.2で紹介したロヴァニエミへ移動するときの電車内での癒しショットを
紹介します。たぶん、フィンランドの電車ならではの光景です。お楽しみに~

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

22:24  |  フィンランド  |  TB(0)  |  ☆★コメントはこちらから★☆(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/30(Sat)

フィンランド写真 vol.4

ソトカモの2回目は、kazさんが勤めている学校の一つである中学校です。

ここで、家庭科(?)の授業というか、調理実習を見せてもらえることに
なりました。
その前に、まずは職員室から。
fin04_01.jpg

日本の学校にある職員室とは雰囲気も位置付けもずいぶん違うようです。
デスクを並べて「事務作業をしましょう」みたいな場所ではなく、先生同士や、
時には生徒も訪れてコミュニケーションや情報共有を図ったりすることがメインの
場所と言えそうです。


続いて調理実習の教室へ移動。
fin04_02.jpg

とてもキレイ
職員室もそうでしたが、学校という気があまりしません。

振り向いて黒板を見ると、図が描かれていました。
fin04_03.jpg

どうやら、今日の実習で作る物は、「形」となって完成するようです。
では、スタート

fin04_04.jpg
この写真↑で手を挙げている少年は、すごく人懐こくてかわいかった。
着ている赤いパーカーの背中には、「テコンドー」と思われる文字が。
アジア贔屓なのか(笑)


この実習を指導しているのは、レイラ先生。俺にも優しく接してくれました。
fin04_05.jpg

生徒たちは、みんな「レイラ」「レイラ」と、先生の名前をそのまま連呼しまくり。
日本人からするとかなり違和感あるよね。「先生」とか「レイラ先生」とかじゃない。
名前を呼ぶ方法って、いいなぁと思いました。個人的に「先生」ていう言い方が
あまり好きじゃなかったしね。まぁ、日本だと呼び捨てにするわけにはいかんけど。


さて、実習に戻りましょう。どうやら作っているのはお菓子。
4-06.jpg

4-07.jpg

4-08.jpg

おっ、家みたいな形になってきたぞ。
4-09.jpg

4-10.jpg

4-11.jpg

みんな、作りながらつまみ食いしまくり。ホントにしまくり
4-12.jpg

飾り付けのキャンディーやグミです。黒い物体は、かの有名なサルミアッキ。
4-13.jpg

みんなのお菓子作りをフラフラと眺めていたら、一人の少年が俺に
「名前のスペルを教えて」と言ってきました。紙に書いて渡すと、
4-14.jpg

ナントナント、俺のイニシャルを彫ってクッキーを焼いてくれました
4-15.jpg

嬉しい~~。フィンランドで俺のイニシャル入りの手作りクッキーを食べさせて
もらえるなんて思ってなかったよぉ。ありがとーーー

あっという間に終わりの時間。楽しい楽しいひとときでした。

調理実習ということもあると思うけれど、生徒たちは自由に話したり動きまわったり、
とても開放的な雰囲気でした。教室の色も明るいしね。

フィンランドの授業や学校のことに興味がある方は、ぜひkazさんのブログ
読んでみてください。いろんなことが書かれてます。



次回は、みなさんに一番見せたかった写真の一つである、
現地の方の家でのクリスマスディナーを掲載します。
お楽しみに~

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

13:09  |  フィンランド  |  TB(0)  |  ☆★コメントはこちらから★☆(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/26(Tue)

フィンランド写真 vol.3

今回から3回くらいに分けて、kazさんが住むソトカモ周辺の写真を掲載します。

kazさんは、vol.1で書いたとおりフィンランド在住で、俺の旅行に付き合ってくれた人。
ひと言で表現すれば、器が大きくて話もとても興味深い友人です


さて、フィンランドの中央からやや西に位置するソトカモですが、イメージは白。


まずは、kazさんが住む家です。ここに2泊お世話になりました。
fin03_01.jpg

周辺は、真っ白です
fin03_02.jpg

多くの家に暖炉があるため、外には温かい時期に準備した薪が置いてあります。
fin03_03.jpg


スーパーに買い物に行く時の道も、こんな感じ。
fin03_04.jpg

fin03_05.jpg

寒さは厳しいけれど、素敵だよねぇ。(短期間の滞在だから言えるコメント?)
歩いていても、心が澄んでいくような気持ちになりました

これが最寄りのスーパー。フィンランド国内であちこちで見掛けたチェーン店です。
fin03_06.jpg

スーパーの駐車場だってこんな感じ。
fin03_07.jpg


そして、ソトカモの中心地へkazさんと歩いて向かってみました
20~30分くらいだったかな。

この写真↓の俺の右側の白い一帯は湖です。
08.jpg

お昼に近い時間だけれど、太陽は昇り切らず、幻想的な景色を演出してくれます。
09.jpg


実はフィンランドでは、ペサパッロという野球に似たスポーツが盛んです。
ソトカモにはチームがあり、そのスタジアムを見に行きました。
10.jpg

写真の左側に優勝した年のプレートが貼ってあるのが見えるかな?
見てのとおり、ソトカモのチームは強豪なのです

スタンドに入ってみました。もちろん、雪だらけ
11.jpg

グラウンドもこのとおり。
12.jpg

シーズンであれば、ぜひ試合を見てみたいものです。




というわけで、vol.3は、「ソトカモは白い町」というイメージの写真を揃えてみました。

次回(vol.4)では、学校の風景。
vol.5では、kazさんの同僚のヤンネさん宅でのクリスマスの風景を掲載します。

お楽しみに~

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

22:18  |  フィンランド  |  TB(0)  |  ☆★コメントはこちらから★☆(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/19(Tue)

フィンランド写真 vol.2

今回は、ロヴァニエミという町の写真を紹介。
ロヴァニエミはラップランド州の州都で、サンタクロースの町としても有名です。

そう、サンタクロースはフィンランドに住んでるんだぜぇ(!)
北極圏ラインがある町としても有名です。

(ヘルシンキの次に行ったソトカモという町での素敵な写真もあるんだけど、
諸事情でデータが手元にないので、それは戻り次第掲載します。)

ロヴァニエミでの宿泊先は、スカイ・オーナスバーラというホテル。
中心地からちょっと離れた小高い丘の上に建っていて、脇にはスキー場も。
IMG_3368.jpg


フィンランドはサウナの国で、多くの宿泊施設や家にサウナが付いてます。
浴槽は無くてもサウナはあり。このホテルも例外ではなく、、、
IMG_3414.jpg

まず、石を電気で熱くしておいて、画像に写ってるバケツに汲んだ水を
その石に向かってヒシャクで掛けながら温度を調節します。
IMG_3415.jpg

日本のサウナのイメージは一定の温度と一定の湿度、だと思うけれど、
そうではなく、自分で調節するのが本場のやり方。
最初はやや低温で入り、じゃばじゃば水をかけて、かなりかけて、一気に
熱くしていく感じで、最初のうちは結構刺激的でした。
(このサウナのおかげか、時差もほとんど感じなかったんだ。)


さっきも書いたとおり、このホテルは小高い場所にあるので景色がキレイ!
朝の9時くらいの景色。こんな景色が2時間くらいは続いて幻想的なんだわ。
IMG_3288.jpg

フィンランドの朝は、夕方みたいな雰囲気なんだよね。これもキレイ。
IMG_3292.jpg

同じくらいの時間帯に逆方向を撮りました。
街を見下ろす感じ。「街」なんて感じがしないよね。
IMG_3443.jpg

写真を見てわかるとおり、木々が真っ白でしょ?
このエリアは、フィンランドでも有数の樹氷が見られる場所だそうです。
ただ気温が低いだけじゃ、こうはいかない。十分な湿度も必要。
町を流れる川の流れが速く、-20℃にもなるのに完全には凍らないそうです。
IMG_3318.jpg

この画像↑で分かるかな?
川の表面が凍り切っていなくて、そこから常時水蒸気が出てます。

したがって、こんな立派な樹氷になるんです。
IMG_3296.jpg

ついでに、川全体の写真も。これを見ると完全に凍ってるように見えるかな。
IMG_3315.jpg


ところで、こんなに寒い地域の子供たちは何をして遊んでいる?
と思って通りがかった小学校を覗いたら、外でホッケーをしてました。
IMG_3460.jpg

やっぱり子供は外で遊ぶんだね。日本のカラーボール野球みたいなもんかも。
道路の完全に凍結しているけれど、平気な顔して自転車乗ってるし(笑)


この町のシンボルの一つである橋、その名も、「木こりたちのろうそく橋」
可愛らしいなぁ。
IMG_3312.jpg


この日の夕飯は現地のハンバーガー「SCAN BURGER」を食べてみました。
ポテトがてんこ盛り!(ちょっとハワイを思い出した。)
まぁ、味は・・・普通(笑)
IMG_3502.jpg

ホテルの部屋では、フィンランドで人気のビール「OLVI」を。
味はラガーみたいな感じですごく美味しかったよん!
IMG_3367.jpg



てことで、vol.2でしたー。

では、vol.3でお会いしましょー。

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

23:53  |  フィンランド  |  TB(0)  |  ☆★コメントはこちらから★☆(2)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/11(Mon)

フィンランド写真 vol.1

徐々に紹介していきます!

12月13日の夕方にヘルシンキに着き、ユースホステルに宿泊しました。
IMG_0005.jpg

街はすっかりクリスマスで、野外の広場でクリスマスマーケットが広がってました。
IMG_3244.jpg

IMG_3251.jpg

IMG_3245.jpg

IMG_3265.jpg

並んでいる景色も、売っているものもとても可愛いくて、
すごくいい雰囲気。クリスマスが生活に根付いてるのも感じました。
寒い場所なので、手袋とかマフラーとか帽子とかのお店もいっぱいあって、
特に印象的だったのは、アルパカの毛で作ったものが多かったことかな。
ミラバケッソ

建物の中でもクリスマスマーケットが広がっています。
IMG_0047.jpg

クリスマス一色で、素敵な街並みなんだけど、さらに素敵だったのは、
どのお店も12月22日にクリスマスセールやマーケットを終わりにすること。
23~25日は家族で過ごすもの、という文化になっているようで、
クリスマス商戦というものがダラダラ続いてません。これは日本にはないよね。


さて、スーパーで食料品等を調達していたらこんなものも。

まず、せんべい。
IMG_0010.jpg

次に、しょう油。
IMG_0013.jpg

しょう油は、小さな瓶だけど値段は高い。(1000円前後)
結構、米や寿司なんかも普及してるみたいで、本屋に行ったら、、
IMG_0018.jpg

実際、米については、スーパーで買ったパンの上にもリゾット風(おかゆ風)の
状態で乗っかっていたりして、それもポピュラーな形態のようでした。
IMG_0012.jpg
(パンを取ってくれているのは、フィンランド在住のkazさん


翌日、ヘルシンキの街をフラフラ散策。どのくらいの気温かと言うと・・
IMG_0028.jpg

かなり厚着・重ね着をしていたので、意外に問題ナシ。
みんなしっかり着込んでいるし、建物内は温かいし、日本の冬の方が
寒く感じるくらい。まぁ、顔とか鼻の中とか目とかは厳しいけどね。

ちなみに、、、
このときに感じた「なんだ、北欧でもいけるじゃん!」てのが、いかに思い上がり
であるか、後日オーロラを見に行った際に痛感されることになりました・・・。

散策では、
ドーム状のテンペリアウキオ教会
IMG_0037.jpg

IMG_0041.jpg

ウスペンスキ寺院
IMG_0065.jpg

こんな素敵な景色も。
IMG_0061.jpg

フィンランド最大の駅であるヘルシンキ中央駅の脇では、
子どもたちが楽しそうにスケートを滑ってました。
IMG_3279.jpg

このスケートの画像、もう暗くなってるけど、まだ3時半くらいよ。
やっぱり、フィンランドの冬は、日が昇るのが遅く、落ちるのが早いです。
これは最初の数日間はすごく違和感があって、朝はなかなか目覚めづらいし、
夜はあっさり眠くなってくるし、不思議な気分でした。
(キレイな朝陽などはまた後日掲載します。)


そんなわけで、次回以降は、一度ヘルシンキを離れたいと思います。
では、ヘルシンキ中央駅から電車に乗って、カヤーニ~ソトカモへ。
IMG_3281.jpg

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

00:21  |  フィンランド  |  TB(0)  |  ☆★コメントはこちらから★☆(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。