12月≪ 2010年01月 ≫02月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/30(Sat)

フィンランド写真 vol.4

ソトカモの2回目は、kazさんが勤めている学校の一つである中学校です。

ここで、家庭科(?)の授業というか、調理実習を見せてもらえることに
なりました。
その前に、まずは職員室から。
fin04_01.jpg

日本の学校にある職員室とは雰囲気も位置付けもずいぶん違うようです。
デスクを並べて「事務作業をしましょう」みたいな場所ではなく、先生同士や、
時には生徒も訪れてコミュニケーションや情報共有を図ったりすることがメインの
場所と言えそうです。


続いて調理実習の教室へ移動。
fin04_02.jpg

とてもキレイ
職員室もそうでしたが、学校という気があまりしません。

振り向いて黒板を見ると、図が描かれていました。
fin04_03.jpg

どうやら、今日の実習で作る物は、「形」となって完成するようです。
では、スタート

fin04_04.jpg
この写真↑で手を挙げている少年は、すごく人懐こくてかわいかった。
着ている赤いパーカーの背中には、「テコンドー」と思われる文字が。
アジア贔屓なのか(笑)


この実習を指導しているのは、レイラ先生。俺にも優しく接してくれました。
fin04_05.jpg

生徒たちは、みんな「レイラ」「レイラ」と、先生の名前をそのまま連呼しまくり。
日本人からするとかなり違和感あるよね。「先生」とか「レイラ先生」とかじゃない。
名前を呼ぶ方法って、いいなぁと思いました。個人的に「先生」ていう言い方が
あまり好きじゃなかったしね。まぁ、日本だと呼び捨てにするわけにはいかんけど。


さて、実習に戻りましょう。どうやら作っているのはお菓子。
4-06.jpg

4-07.jpg

4-08.jpg

おっ、家みたいな形になってきたぞ。
4-09.jpg

4-10.jpg

4-11.jpg

みんな、作りながらつまみ食いしまくり。ホントにしまくり
4-12.jpg

飾り付けのキャンディーやグミです。黒い物体は、かの有名なサルミアッキ。
4-13.jpg

みんなのお菓子作りをフラフラと眺めていたら、一人の少年が俺に
「名前のスペルを教えて」と言ってきました。紙に書いて渡すと、
4-14.jpg

ナントナント、俺のイニシャルを彫ってクッキーを焼いてくれました
4-15.jpg

嬉しい~~。フィンランドで俺のイニシャル入りの手作りクッキーを食べさせて
もらえるなんて思ってなかったよぉ。ありがとーーー

あっという間に終わりの時間。楽しい楽しいひとときでした。

調理実習ということもあると思うけれど、生徒たちは自由に話したり動きまわったり、
とても開放的な雰囲気でした。教室の色も明るいしね。

フィンランドの授業や学校のことに興味がある方は、ぜひkazさんのブログ
読んでみてください。いろんなことが書かれてます。



次回は、みなさんに一番見せたかった写真の一つである、
現地の方の家でのクリスマスディナーを掲載します。
お楽しみに~
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

13:09  |  フィンランド  |  TB(0)  |  ☆★コメントはこちらから★☆(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/26(Tue)

フィンランド写真 vol.3

今回から3回くらいに分けて、kazさんが住むソトカモ周辺の写真を掲載します。

kazさんは、vol.1で書いたとおりフィンランド在住で、俺の旅行に付き合ってくれた人。
ひと言で表現すれば、器が大きくて話もとても興味深い友人です


さて、フィンランドの中央からやや西に位置するソトカモですが、イメージは白。


まずは、kazさんが住む家です。ここに2泊お世話になりました。
fin03_01.jpg

周辺は、真っ白です
fin03_02.jpg

多くの家に暖炉があるため、外には温かい時期に準備した薪が置いてあります。
fin03_03.jpg


スーパーに買い物に行く時の道も、こんな感じ。
fin03_04.jpg

fin03_05.jpg

寒さは厳しいけれど、素敵だよねぇ。(短期間の滞在だから言えるコメント?)
歩いていても、心が澄んでいくような気持ちになりました

これが最寄りのスーパー。フィンランド国内であちこちで見掛けたチェーン店です。
fin03_06.jpg

スーパーの駐車場だってこんな感じ。
fin03_07.jpg


そして、ソトカモの中心地へkazさんと歩いて向かってみました
20~30分くらいだったかな。

この写真↓の俺の右側の白い一帯は湖です。
08.jpg

お昼に近い時間だけれど、太陽は昇り切らず、幻想的な景色を演出してくれます。
09.jpg


実はフィンランドでは、ペサパッロという野球に似たスポーツが盛んです。
ソトカモにはチームがあり、そのスタジアムを見に行きました。
10.jpg

写真の左側に優勝した年のプレートが貼ってあるのが見えるかな?
見てのとおり、ソトカモのチームは強豪なのです

スタンドに入ってみました。もちろん、雪だらけ
11.jpg

グラウンドもこのとおり。
12.jpg

シーズンであれば、ぜひ試合を見てみたいものです。




というわけで、vol.3は、「ソトカモは白い町」というイメージの写真を揃えてみました。

次回(vol.4)では、学校の風景。
vol.5では、kazさんの同僚のヤンネさん宅でのクリスマスの風景を掲載します。

お楽しみに~

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

22:18  |  フィンランド  |  TB(0)  |  ☆★コメントはこちらから★☆(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/24(Sun)

アイスホッケー観戦~日光アイスバックス~

人生初のアイスホッケー観戦に行ってきました

栃木県には、日光アイスバックスというプロチームがあり、
アジアリーグに参戦しています。

「日光」というチーム名のとおり、日光市をホームタウンとしており、
ホームスタジアムは栃木県立日光霧降(きりふり)アイスアリーナです。

午前11時に、職場の人たち5人とともに宇都宮市の職場付近から出発

とにもかくにも、まずは腹ごしらえから、ということでM本さんオススメの
「安国屋」という定食屋へ。
IMG_3563.jpg

そして、M本さんと同じ「唐揚げ定食」を注文。
ところが、なかなか出てこない。遅いなぁ、と思い始めた頃、、、
IMG_3564.jpg

うん、唐揚げ定食だ。あれ?ちょっとデカイ??
IMG_3565.jpg

いや、ヒジョーにデカイ

これは食べごたえがありました。ほぐしたりしゃぶりついたりしているうちに、
ゴハンを食べるのを忘れそうになるくらい。ついでに会話も無くなり‥(笑)

T村さんが食べていたトンカツも大きかった。

みんな、かなり満腹


その後、杉並木街道の「地震坂」を見学。
IMG_3566.jpg

大地震で街道が断層状になった場所です。
IMG_3567.jpg


さらにその先の、ホテルの廃墟の脇を通り抜けながら、
IMG_3569.jpg

次なる目的地は、市の文化財である、旧江連家住宅へ。
IMG_3573.jpg

ここは、名主屋敷・江連家の建物で、我々の同僚に関係者がいるので
立ち寄ってみました。かなり広いです。(建て坪が90坪)
建物の前に人が立つと、ご覧のとおり小さい‥。
IMG_3570.jpg

他に首塚や、二荒山神社の別宮である瀧尾神社(東照宮の裏手)などを
見て回った後、いよいよ霧降アイスアリーナへ。
IMG_3583.jpg


現地では、さらに2人が合流し、我らは8人で観戦

相手は韓国の「アニャン・ハルラ」というチーム。
IMG_3585.jpg

第1~第3までのピリオドがあり、各20分。
激しく動き続けているから、選手には長く感じるんじゃないかなぁ。
見ていた俺は、当たり前だけど、攻めていれば短く、押されていれば長く感じた。
IMG_3589.jpg

パックの音、靴の刃が氷を削りとる音、選手がぶつかり合う音。そしてスピード感。
IMG_3594.jpg

途中で、何度も選手が入れ替わります。それくらいハードなのでしょう。
IMG_3595.jpg

ピリオド間の休憩時には、リンクを整備します。
専用車でお湯をまいて磨いていくような感じです。
IMG_3591.jpg

通常のスケート場でも見られる光景だけれど、ピカピカになっていくのは面白いよね。


これ↓はアイスバックス応援団。チームカラーはオレンジと黒。(ジャイアンツ??)
IMG_3593.jpg


細かなルールやリーグの状況などがよく分かっていなくても十分楽しめたよ。
スピード感と迫力。これは想像をはるかに超えてました。
テレビとこれだけ違いを感じるスポーツもそうそうない気がするなぁ。

例えば、野球なんかは、テレビとスタジアムでの楽しみ方がそもそも違う。
テレビは、ピッチャーとバッターの細かな部分を楽しむもの、スタジアムは、
テレビに映らない野手やランナーの動きも含めてを楽しむもの、というような
住み分け方がある。

でも、アイスホッケーの場合は、完全に「テレビ<<<<<スタジアム」
と言ってもいいんじゃないかとさえ思った。

すっかり、ナマの興奮に魅了されてしまいました

2月6日,7日には東京の東伏見アイスアリーナで試合があるみたいだから、
時間のある人は是非一度行ってみて
見ればきっと、この駄文のブログの意味が伝わるはず。

俺は、来シーズンも見に行きます
もちろん、日光アイスバックスを応援します

ちなみに、今日は第2ピリオドまでは2-0で勝っていたのに、第3ピリオドで
まさかまさかの4失点。結局、3-4で負けちゃいまいた
まるで、2009年の西武ライオンズの試合であるかのように‥

次回は勝ち試合を見たいっ
00:42  |  栃木の紹介  |  TB(0)  |  ☆★コメントはこちらから★☆(2)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/19(Tue)

フィンランド写真 vol.2

今回は、ロヴァニエミという町の写真を紹介。
ロヴァニエミはラップランド州の州都で、サンタクロースの町としても有名です。

そう、サンタクロースはフィンランドに住んでるんだぜぇ(!)
北極圏ラインがある町としても有名です。

(ヘルシンキの次に行ったソトカモという町での素敵な写真もあるんだけど、
諸事情でデータが手元にないので、それは戻り次第掲載します。)

ロヴァニエミでの宿泊先は、スカイ・オーナスバーラというホテル。
中心地からちょっと離れた小高い丘の上に建っていて、脇にはスキー場も。
IMG_3368.jpg


フィンランドはサウナの国で、多くの宿泊施設や家にサウナが付いてます。
浴槽は無くてもサウナはあり。このホテルも例外ではなく、、、
IMG_3414.jpg

まず、石を電気で熱くしておいて、画像に写ってるバケツに汲んだ水を
その石に向かってヒシャクで掛けながら温度を調節します。
IMG_3415.jpg

日本のサウナのイメージは一定の温度と一定の湿度、だと思うけれど、
そうではなく、自分で調節するのが本場のやり方。
最初はやや低温で入り、じゃばじゃば水をかけて、かなりかけて、一気に
熱くしていく感じで、最初のうちは結構刺激的でした。
(このサウナのおかげか、時差もほとんど感じなかったんだ。)


さっきも書いたとおり、このホテルは小高い場所にあるので景色がキレイ!
朝の9時くらいの景色。こんな景色が2時間くらいは続いて幻想的なんだわ。
IMG_3288.jpg

フィンランドの朝は、夕方みたいな雰囲気なんだよね。これもキレイ。
IMG_3292.jpg

同じくらいの時間帯に逆方向を撮りました。
街を見下ろす感じ。「街」なんて感じがしないよね。
IMG_3443.jpg

写真を見てわかるとおり、木々が真っ白でしょ?
このエリアは、フィンランドでも有数の樹氷が見られる場所だそうです。
ただ気温が低いだけじゃ、こうはいかない。十分な湿度も必要。
町を流れる川の流れが速く、-20℃にもなるのに完全には凍らないそうです。
IMG_3318.jpg

この画像↑で分かるかな?
川の表面が凍り切っていなくて、そこから常時水蒸気が出てます。

したがって、こんな立派な樹氷になるんです。
IMG_3296.jpg

ついでに、川全体の写真も。これを見ると完全に凍ってるように見えるかな。
IMG_3315.jpg


ところで、こんなに寒い地域の子供たちは何をして遊んでいる?
と思って通りがかった小学校を覗いたら、外でホッケーをしてました。
IMG_3460.jpg

やっぱり子供は外で遊ぶんだね。日本のカラーボール野球みたいなもんかも。
道路の完全に凍結しているけれど、平気な顔して自転車乗ってるし(笑)


この町のシンボルの一つである橋、その名も、「木こりたちのろうそく橋」
可愛らしいなぁ。
IMG_3312.jpg


この日の夕飯は現地のハンバーガー「SCAN BURGER」を食べてみました。
ポテトがてんこ盛り!(ちょっとハワイを思い出した。)
まぁ、味は・・・普通(笑)
IMG_3502.jpg

ホテルの部屋では、フィンランドで人気のビール「OLVI」を。
味はラガーみたいな感じですごく美味しかったよん!
IMG_3367.jpg



てことで、vol.2でしたー。

では、vol.3でお会いしましょー。

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

23:53  |  フィンランド  |  TB(0)  |  ☆★コメントはこちらから★☆(2)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/11(Mon)

フィンランド写真 vol.1

徐々に紹介していきます!

12月13日の夕方にヘルシンキに着き、ユースホステルに宿泊しました。
IMG_0005.jpg

街はすっかりクリスマスで、野外の広場でクリスマスマーケットが広がってました。
IMG_3244.jpg

IMG_3251.jpg

IMG_3245.jpg

IMG_3265.jpg

並んでいる景色も、売っているものもとても可愛いくて、
すごくいい雰囲気。クリスマスが生活に根付いてるのも感じました。
寒い場所なので、手袋とかマフラーとか帽子とかのお店もいっぱいあって、
特に印象的だったのは、アルパカの毛で作ったものが多かったことかな。
ミラバケッソ

建物の中でもクリスマスマーケットが広がっています。
IMG_0047.jpg

クリスマス一色で、素敵な街並みなんだけど、さらに素敵だったのは、
どのお店も12月22日にクリスマスセールやマーケットを終わりにすること。
23~25日は家族で過ごすもの、という文化になっているようで、
クリスマス商戦というものがダラダラ続いてません。これは日本にはないよね。


さて、スーパーで食料品等を調達していたらこんなものも。

まず、せんべい。
IMG_0010.jpg

次に、しょう油。
IMG_0013.jpg

しょう油は、小さな瓶だけど値段は高い。(1000円前後)
結構、米や寿司なんかも普及してるみたいで、本屋に行ったら、、
IMG_0018.jpg

実際、米については、スーパーで買ったパンの上にもリゾット風(おかゆ風)の
状態で乗っかっていたりして、それもポピュラーな形態のようでした。
IMG_0012.jpg
(パンを取ってくれているのは、フィンランド在住のkazさん


翌日、ヘルシンキの街をフラフラ散策。どのくらいの気温かと言うと・・
IMG_0028.jpg

かなり厚着・重ね着をしていたので、意外に問題ナシ。
みんなしっかり着込んでいるし、建物内は温かいし、日本の冬の方が
寒く感じるくらい。まぁ、顔とか鼻の中とか目とかは厳しいけどね。

ちなみに、、、
このときに感じた「なんだ、北欧でもいけるじゃん!」てのが、いかに思い上がり
であるか、後日オーロラを見に行った際に痛感されることになりました・・・。

散策では、
ドーム状のテンペリアウキオ教会
IMG_0037.jpg

IMG_0041.jpg

ウスペンスキ寺院
IMG_0065.jpg

こんな素敵な景色も。
IMG_0061.jpg

フィンランド最大の駅であるヘルシンキ中央駅の脇では、
子どもたちが楽しそうにスケートを滑ってました。
IMG_3279.jpg

このスケートの画像、もう暗くなってるけど、まだ3時半くらいよ。
やっぱり、フィンランドの冬は、日が昇るのが遅く、落ちるのが早いです。
これは最初の数日間はすごく違和感があって、朝はなかなか目覚めづらいし、
夜はあっさり眠くなってくるし、不思議な気分でした。
(キレイな朝陽などはまた後日掲載します。)


そんなわけで、次回以降は、一度ヘルシンキを離れたいと思います。
では、ヘルシンキ中央駅から電車に乗って、カヤーニ~ソトカモへ。
IMG_3281.jpg

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

00:21  |  フィンランド  |  TB(0)  |  ☆★コメントはこちらから★☆(2)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/04(Mon)

箱根駅伝、山の神

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。



箱根駅伝、見た

今年は、我らが中央大学が久々に上位に食い込んで、楽しく見れました。

エース(大砲)が不在のチームでも、10人がきちんと繋げば戦えるということを

証明するレースを展開できていたんじゃないかと思います。

後輩たちよ、よく頑張った



まぁ、それにしても、東洋大学の5区“山の神”、柏原くんはホントにスゴイね。

一人で2位に4分以上の差をつけるなんて考えられないよ。

箱根駅伝では、普通は1位と20位(最下位)とのタイム差が5分程度のところ、

2位との差だけで4分以上、5位ですでに5分以上の差、20位との差は12分以上。

そして、復路最初の区間である6区のスタートでは、彼のあまりの速さによって、

ナント、20校中9校が一斉スタートになった。

(※6区では、1位とのタイム差が10分以上ついた学校は一斉にスタートする。)


最終的に優勝した東洋大学と、2位の駒澤大学の差が4分弱だったことを考えても、

いかに彼がぶっちぎりの存在であったかが分かるよね。

まさに、山の神!



大きな期待を背負った選手が、そのとおりの活躍、またはそれ以上の活躍をするのを

テレビで目の当たりにして、とても爽快な気分になりました

敵ながら、あっぱれ



ちなみに、、、

ネットのニュースの見ていたら、「山登り偏重に疑問の声」があるとか。

訳の分からん指摘で有望選手の活躍の場を奪う必要なんて全くないだろ…。


テーマ : 箱根駅伝 - ジャンル : スポーツ

15:11  |  日記  |  TB(0)  |  ☆★コメントはこちらから★☆(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。