01月≪ 2011年02月 ≫03月

12345678910111213141516171819202122232425262728
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.02/22(Tue)

2011年の埼玉西武ライオンズ ~2塁手編~

だいぶ間隔が空きましたが、今日は2塁手編。
3塁手や遊撃手とも被る顔触れになると思いますが、
内野はポジション別に書くことにしたので‥(笑)

■主な顔ぶれ■(成績は2010年のもの)
右:片岡7 【137試合/.295/13本/54打点/四死球48/盗塁59】
  平尾8 【57試合/.330/3本/17打点/四死球13/盗塁2】(1塁手・3塁手)
  阿部9 【64試合/.256/1本/1打点/四死球23/盗塁0】(3塁手)
  浅村32 【30試合/.262/2本/9打点/四死球11/盗塁2】(遊撃手)
左:原43 【103試合/.225/2本/17打点/四死球27/盗塁0】(3塁手)


2塁手は・・・
見てのとおり、片岡(2009WBC日本代表/4年連続盗塁王)が圧倒的な存在。
片岡が居るか居ないかで、打線の活気・雰囲気が全然違ってきます

テレビで見てても、スタンドで見てても、彼が塁に出るだけで、空気を
ガラリと変えてくれて、多くのライオンズファンが得点を期待するほど。

2008年の日本シリーズ第7戦の8回に見せた盗塁・走塁を鮮明に覚えている人も
いるでしょうけれど、ファンからすれば「片岡ならにあのくらいやってくれる
と思えるほどの選手なのです。

片岡のことばかり書いてますが、サブは、他のポジションを守れる選手です。
2010年は阿部、原が中心でしたが、もし片岡が故障などで出場できない場合、
今年は浅村が優先的に起用されそうな感じ。

浅村君は20歳で、とても思い切りが良く、スター性を感じる若者です
そのスター性は、松井稼頭央、中島と続く西武ライオンズの
ショートストップの系譜を受け継いでくれそうな雰囲気を感じるほど。
来年、中島はメジャー移籍が濃厚だけれど、きっと浅村が後継者として
ライオンズのショートストップを守ってくれるはずです

今年はそのステップとして、2塁や3塁も含め、さまざまな経験を積ませて
もらえるのだろうから、是非とも大きな成長を遂げてほしいなぁ


だいぶ話が反れましたが、ライオンズが優勝するためには、
1番・セカンド・片岡の力が絶対に必要です。
なので、サブの選手が活躍することはあまり期待せずに、
片岡の大活躍を信じて応援したいと思います
スポンサーサイト

テーマ : 西武ライオンズ - ジャンル : スポーツ

00:48  |  野球  |  TB(0)  |  ☆★コメントはこちらから★☆(1)  |  EDIT  |  Top↑
2011.02/11(Fri)

2011年の埼玉西武ライオンズ ~1塁手編~

投手編、捕手編と続いたので、次は内野手編だ!
と思ってましたが、内野はポジション別の方が
書きやすそうなので、、、まずは1塁手から

■主な顔ぶれ■(成績は2010年のもの)
右:後藤6 【16試合/.138/0本/1打点/四死球4/盗塁0】
  平尾8 【57試合/.330/3本/17打点/四死球13/盗塁2】
  フェルナンデス52 【57試合/.339/11本/45打点/四死球19/盗塁1】
  中村60 【85試合/.234/25本/57打点/四死球47/盗塁1】
左:石井5 【98試合/.293/6本/22打点/四死球32/盗塁0】
  上本49 【91試合/.264/4本/25打点/四死球17/盗塁2】(捕手)

西武ライオンズにとって、1塁は空きポジション
バッティングが好調な選手のための、ある意味、ガス抜きの場になって
いることが多いです。ここ数年は、石井と平尾が主に起用されていましたが、
長打力に欠け打点が少ない、怪我がち、などの理由もあり、完全に定着する
には至っていません

歴代の1塁手を振り返っても、
清原、鈴木健、マルティネス、高木大成、カブレラ、ブラゼルなど、
他チーム同様、主に大砲が座る場所になっていました。

昨シーズンは、中村(本来は3塁手)が故障して4番バッターが不在に
なっていたこともあり、途中でフェルナンデスを獲得。
長打力と勝負強さを見せ、見事に4番1塁手に定着してくれました
おそらく、今年も1塁手はフェルナンデスが中心になるはずです。

そうなると、必然的に石井、平尾、中村は・・・

まず、中村。彼は3塁手に再定着すると思われるので、問題ありません。
平尾も、もともとはスーパーサブとして、1塁手・代打・DHなどで
活躍してくれているので、こちらも特段問題はなさそう。

となると、問題は石井です。
彼は素晴らしいバッティングセンスで、起用すれば打率3割くらいは打ちます。
ただ、守備力に難があり、もともとの2塁・3塁から1塁へのコンバートを
余儀なくされた経緯があります。
先ほども書いたとおり、1塁は長打力・打点力も求められるため、石井ほどの
バッティングセンスを持った選手でも安泰とはいかなかったわけです。

そこで、今シーズンからは外野の守備にも挑戦するとのこと。
外野にもライバル(特に左打ち)が多いことに変わりはありませんが、
彼のバッティングを控えに眠らせるのは、とてもモッタイナイことなので、
外野との2足のワラジで頑張ってもらいたいと思っています
14:15  |  野球  |  TB(0)  |  ☆★コメントはこちらから★☆(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。