05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.11/20(Tue)

宇都宮市長選終了!~LRTはどうなる!?【産経新聞編】

2012.11.19 11:30
 18日投開票された宇都宮市長選は、無所属現職の佐藤栄一氏(51)=自民、公明推薦=が、無所属新人の学習塾経営、河内宏之氏(62)を破り、3選を果たした。

 最大の争点となったのは、佐藤氏が掲げたLRT(次世代型路面電車)導入の是非。河内氏は「この選挙はLRTをやるのか、やらないのかを決める住民投票」と呼びかけて選挙戦に臨んだ。

 これに対して、佐藤氏はLRT整備を公約に掲げ、街頭演説では常にLRTの話題を取り上げて必要性を訴えた。

 両氏の主張は、基本的な考え方から全く違った。整備費383億円について、佐藤氏が国や県からの補助が出るとして「宇都宮にとって中ぐらいの事業。これによって市の財政が逼迫(ひっぱく)して税金が増えることはありえない」と説明したのに対し、河内氏は「国であろうと県であろうとわれわれの血税には変わりない。赤字が予想される事業に多額の税金を使う必要はない」と主張。

 LRT整備による社会的影響についても、佐藤氏は高齢化が進む中での福祉面を強調したが、河内は「高齢者がバスや電車を乗り継ぐのは考えられない。朝と夕に通勤や通学に使われるだけ」と批判した。対立軸は鮮明になったものの、基本認識の隔たりが大きいだけに、7日間の舌戦を通しても論戦は深まったとはいえない。

 明確な争点がありながら投票率は過去最低に沈んだ。佐藤氏の圧勝で終わった「LRT選挙」だが、この得票差が必ずしも賛否の比率を表しているとは言い難い。佐藤氏は今後も説明を重ねて、市民の理解を得る必要がある。
(野々山暢)

関連記事

テーマ : 栃木県 - ジャンル : 地域情報

00:22  |  栃木の紹介  |  TB(1)  |  ☆★コメントはこちらから★☆(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを書いたら送信ボタンを押してください

コメント
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://utsunomiyahiroshi.blog47.fc2.com/tb.php/185-1487762d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

まとめ【宇都宮市長選終了!〜】

2012.11.19 11:30  18日投開票された宇都宮市長選は、無所属現職の佐藤栄一氏(51)=自民、公明推薦
2012/11/21(水) 23:43:52 | まっとめBLOG速報

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。