05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.02/21(Sun)

テッパク

大宮の鉄道博物館(テッパク)に行ってきました


2007年10月のオープン以来、いつか行ってみたいと思いつつ、行く機会を
失っていたので、「いよいよ」という気分で大宮に向かいました。
(“てっちゃん”というわけではないのですが・・)

幼稚園の頃、親戚のおばちゃんに連れてってもらった交通博物館(秋葉原)が
とても楽しかったので、その後継とも言えるテッパクへの期待は高まります


そして入口に着くと、こんなものが。
テッパク01

言わずと知れた自動改札機です。ちゃんとsuicaやpasmoが使えます
いわゆるチケットレス。入場チケットが無いのはやや味気ない気もするけれど、
俺にとってはそれ以上に自動改札と埼玉県で思い出すものがありました。

あれはもう20年以上前の1988年頃ですが、埼玉県(熊谷市・付近)で
開かれた「埼玉博覧会」で、リニアモーターカーがあり、その乗り場が
「未来の駅」として自動改札を設置していて、子ども心に「駅の将来だ!」と
興奮した記憶があります。

その興奮のとき、まさか切符を使わない時代が来るなんて思わなかったし、
ましてや、同じもので博物館に入れることになるなんて想像すらしなかった・・。

「あの頃の未来」以上に進化している現実社会。科学や開発の力はスゴイね。


テッパクの中に入ると、すごい光景が。
テッパク02

ホンモノ、 ホンモノ、 ホンモノー!!
写真やネットで見たことはあったけれど、実際に見ると迫力あります


ほら、これもホンモノ
テッパク03

その昔、我が故郷・群馬県を通過して東京と新潟を結んでいた特急です。
「とき」と書かれていますが、この名前は今は上越新幹線に引き継ぎ。


SLだってホンモノが目の前
テッパク04

このSLは、通常運転のものとしては、一番最後まで走ってたものだそうです。


脇に立つと、車輪の大きさもよく分かります。(大きいのは160cmくらい?)
テッパク05



電車を運転するレバーを操作できるコーナーもあり、今年厄年を迎えた人生の
先輩とともに、子供に交じってしばらく盛り上がってました(笑)
テッパク06

写真には写ってないけれど、レバーを操作すると目の前の大きな車輪が動きます。


その他に、昔のブルートレインや皇室専用車両など貴重なものもありましたが、
日本の電車と言えば、やっぱり新幹線でしょう
テッパク07

もうこの「元祖新幹線」は走ってないみたいで、形状もずいぶん変わったけど、
今でもケータイ絵文字なんかはこれだよね


その脇には、以前、東京駅(?)に張られていたこんなプレートもありました。
テッパク08


新幹線が、いかに日本の誇りであったかが感じられるよね

このプレートで注目すべきは、起工から営業開始までの期間です。
東京から大阪までの約500kmを、わずか5年半で営業開始まで漕ぎつけてる。
これには驚きました。一部戦前に工事していた部分を利用したとのことだけど、
それにしても凄いスピード


「夢の超特急」の開業と、アジア初のオリンピック「東京オリンピック」の開催が
一度に訪れてきた1964年10月は、日本は大いに沸き上がっていたんだろうねぇ。
できれば、それをこの目で見て、肌で感じてみたかったもんだなぁ。


そんなこんなで一通り見て回り、最後に、新幹線の運転席で大満足
テッパク09

運転席内に居れる時間は、一組3分間で、経過するとキッチンタイマーが・・(笑)
時間を仕切っている兄ちゃんに、新幹線の質問をしてみたら、これが面白いくらい
次から次へと知識が口から出てきて楽しめました。彼、間違いなく天職。
きっと、一晩中、いや、3日3晩語れちゃうのでしょう


テッパクは、その他にも見所満載でした
我らは2時間強で見て回り、案内紙などにも2時間が目安と書かれていたけれど、
ゆっくりしっかり見れば、軽く半日は居れそうな感じだったよ。
確実に言えるのは、子どもより大人の方がはるかに楽しめる
ということ。

ぜひ、また行ってみようと思います。
関連記事

テーマ : オススメ - ジャンル : その他

15:18  |  日記  |  TB(0)  |  ☆★コメントはこちらから★☆(4)  |  EDIT  |  Top↑

●Re: 遅ればせながら

to ぴょん

書き込みありがと!


> 俺も1月の最後の日曜日に息子と行ってきたよ。
> 全部大きくうなずきました。

俺が行った時も親子連れが多くて、子供はバタバタとハシャギ、
親は静かにハシャギ、、、という光景が多かった気がするよ(笑)


> 新幹線が走っていない時分に幼少期を過ごしたので、
> 「とき」、あのクリームに赤はめちゃくちゃ憧れてた。

我らは、どうしても「とき」に特別な感情を持つよね。
やっぱ、今回の展示の中でも特に気に入ったものの一つ。
「高級列車」という表現があてはまるかは分からんけど、
背伸びをして乗らせてもらうイメージだったなぁ


> 明治以降近代日本にとって鉄道は外せないキーワード。
> それが1号蒸気機関から順を追って学べるのは非常に良い。

「博物館」としての機能もきちんと備えてて面白かった!
先を見越して着々と整備してきた先人に敬意の念が沸きました。

あと、巨大ジオラマにもトキめいた(笑)

宇都宮支部長 | 2010.02.23(火) 22:17 | URL | コメント編集

●Re: お、お前もか

to ミスター中央

ここはオススメ!
ジュニアが誕生するのを待たずに行く価値あるよ☆

大宮駅からニューシャトルってのに乗って1駅。下車すぐ。
アナタの奥様なら、きっと気に入ってくれるはず(笑)
宇都宮支部長 | 2010.02.23(火) 22:06 | URL | コメント編集

●遅ればせながら

遅ればせながらの書き込みです。

俺も1月の最後の日曜日に息子と行ってきたよ。
全部大きくうなずきました。

出来たときはすごく混んでいたみたいだけど、もうそうでもないよね。
ゆっくり見学できました。

そして、父は鉄成分が形成されつつある息子よりも熱中して
しまいました。

新幹線が走っていない時分に幼少期を過ごしたので、
「とき」、あのクリームに赤はめちゃくちゃ憧れてた。
ので子供そっちのけで写真取りまくり。

明治以降近代日本にとって鉄道は外せないキーワード。
それが1号蒸気機関から順を追って学べるのは非常に良い。

と、まじめに書いたけど

単純におもしろし。

一人でゆっくり一日行きたいと思った。

けど
図録が無駄に高いのがなぁ、痛いなぁ。
次はがんばって図録を買いたいです。
ぴょん | 2010.02.23(火) 20:35 | URL | コメント編集

●お、お前もか

ヒロシさんもついに
鉄ちゃんか・・・

でも、普通に面白そう。
ミスター中央 | 2010.02.22(月) 10:37 | URL | コメント編集

コメントを書いたら送信ボタンを押してください

コメント
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://utsunomiyahiroshi.blog47.fc2.com/tb.php/63-9ecad00e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。