08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.08/31(Tue)

人口減少社会の行方は!?(今年は国勢調査)

和歌山県の、8月1日現在の推計人口が100万人を割ったそうです。(関西圏初)

我が故郷・群馬県でも、8月1日現在の推計人口が200万人を割りました。

栃木県は、推計人口ベースでは、群馬県よりほんのちょっと多い程度。
8月1日現在、200万5,730人で、わずかに200万人台をキープしています。

日本全体の人口も、推計人口によれば、すでに減少局面に迎えているそうです。


今年の10月1日には、5年ごとに行われている国勢調査が
全国一斉に実施
され、推計ではなく、正確な人口が改めて確定することとなります。

100万とか200万とか、人口の数字が境界に位置している各県は、その数字を気にしつつ、
今年の国勢調査(←総務省のサイト)を実施し、その結果を待つこととなるのでしょう。


和歌山県、群馬県、栃木県などは、本当に境界線を割ってしまっているのか
はたまた、実人口は上回っているのか(将来的には確実に割るでしょうが…。)

そして、日本全体の人口(構成)は、実体としてどのようになっているのか


いわゆる『人口減少社会』というものを、実数として証明することになるであろう
今年の国勢調査は、少子化・高齢化の実態を映し出し、
日本の行方(政策)を決めるための基礎データ
として、
今まで以上に多方面で活用されそうです。要チェック

[※推計人口と国勢調査の人口は単純比較はできません。(念のため補足)]

関連記事

テーマ : これからの日本 - ジャンル : 政治・経済

02:32  |  日記  |  TB(0)  |  ☆★コメントはこちらから★☆(28)  |  EDIT  |  Top↑

●「栃木」、「群馬」両県の人口が199万人割れとなりました。

管理人「宇都宮支部長」様、こんばんは。

今日、各自治体の公式ページを見て確認したところ、「栃木」、「群馬」両県の人口が199万人割れ、「福島県」の人口が195万人割れである事が判明しました。

となると、「栃木」・「群馬」両県の人口順位が「岡山県」に抜かれる可能性もありますね。

それでは、また。
通勤快特 | 2013.04.28(日) 22:46 | URL | コメント編集

●「栃木県」の人口が「199万人割れ」目前の状態になってしまいました。

管理人「宇都宮支部長」様、こんにちは。

先日、今年の3月1日現在における「栃木」と「群馬」の両県の人口が以下の通りとなりましたので、お知らせします。

栃木県:199万0428人(前月より948人減少)
群馬県:198万8749人(前月より615人減少)

つまり、今年の2月に「群馬県」の人口が199万人割れとなり、「栃木県」の人口も199万人割れ目前となりました。

このままいくと、各都道府県別の人口の多い順位において「岡山県」に抜かれる可能性が高くなってきましたね。

上記の内容については、以下の公式ページを見て判明しました。

「栃木県」の公式ページにある「県政情報」の「栃木県毎月人口推計月報」のコーナー。
http://www.pref.tochigi.lg.jp/c04/pref/toukei/toukei/popu1.html

「群馬県」の公式ページにある「群馬県統計情報提供システム」の「群馬県移動人口調査」のコーナー。

{2013年3月}
http://toukei.pref.gunma.jp/idj/idj201303.htm

{2013年2月}
http://toukei.pref.gunma.jp/idj/idj201302.htm

それでは、また。
通勤快特 | 2013.04.19(金) 18:07 | URL | コメント編集

●「栃木県」の人口が6ヶ月連続で「200万人割れ」となりました。

管理人宇都宮支部長様、こんにちは。

今日、「下野新聞社」の公式ページにある「県政」のコーナー(http://www.shimotsuke.co.jp/journal/politics/prefectural/news/20120430/773499)を見たら、2012年4月1日現在の「栃木県」の人口が以下の通りとなりましたので、お知らせします。

199万3283人(前月より4862人減少)

という事は、栃木県の人口が6ヶ月連続で200万人割れの状況が続いている事から、来月には同県の人口が199万人割れの可能性が高くなり、人口数で岡山県と順位が入れ替わるのも時間の問題となってきましたね。

それでは、また。
通勤快急 | 2012.05.04(金) 15:47 | URL | コメント編集

●香川県は98万人

香川県も人口が98万人に減りました
香川生まれ兵庫在住 | 2012.03.09(金) 06:40 | URL | コメント編集

●「栃木県」に続き、「群馬県」の人口も国勢調査に基づく再計算により、正式に200万人割れとなりました。

管理人宇都宮支部長様、こんばんは。

今日、各新聞社の公式ページを見たら、「2012年1月1日」現在の「栃木」、「群馬」の両県の人口が以下の通りとなりましたので、お知らせします。

栃木県の人口:199万8828人
群馬県の人口:199万9150人

備考:上記の人口は、2005年に実施された国勢調査に基づく再計算によるものです。

上記の内容は、以下の公式ページを見て判明しました。

「下野新聞社」の公式ページにある「選挙」のコーナー。
http://www.shimotsuke.co.jp/journal/politics/election/news/20120128/708389

「MSN産経ニュース」の公式ページにある「地方」のコーナー。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120130/gnm12013002070001-n1.htm

「栃木県」に続き、「群馬県」の人口も正式に「200万人割れ」となりました。

それでは、また。
通勤快急 | 2012.02.25(土) 17:31 | URL | コメント編集

●「栃木県」の人口が正式に200万人割れとなりました。

宇都宮支部長様、おはようございます。

今日、「下野新聞社」の公式ページにある「政治」のコーナー(http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/politics/news/20111128/667874)を見たら、「栃木県」の人口は、今年10月に公表された国勢調査の確定値に基づく再集計で8月から10月まで200万人台を維持していましたが、先月1日の調査の結果、同県の人口が正式に「200万人割れ」となりました。内容は以下の通りです。

199万9972人(前年同月比より、7529人減少)

となると、同県の北隣の福島県も200万人割れとなっている事から、人口が100万人台の県が2つ増えてしまいましたね。

それでは、また。
通勤快急 | 2011.12.05(月) 09:42 | URL | コメント編集

●栃木県の人口が、3ヶ月連続で200万人割れの状態が続いています。

宇都宮支部長様、こんにちは。

今日、各都道府県の公式ページを見たら、2011年10月1日現在の「栃木」、「群馬」両県の人口が以下の通りとなりましたので、お知らせします。

栃木県:199万9859人(前月より36人増加)
群馬県:200万0978人(前月より22人減少)

つまり、栃木県の人口は3ヶ月連続で200万人割れの状態が続いているのと同時に、群馬県の人口が200万1000人を割ってしまいしました。

情報元は、以下の公式ページを見て判明しました。

「栃木県」の公式ページにある「栃木県毎月人口推計月報」のコーナー。
http://www.pref.tochigi.lg.jp/c04/pref/toukei/toukei/popu1.html

「群馬県」の公式ページにある「2011年10月1日現在における群馬県の人口と世帯の動き」のコーナー。
http://toukei.pref.gunma.jp/idj/data/idj201110.pdf

それでは、また。
通勤快急 | 2011.10.26(水) 17:15 | URL | コメント編集

●承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 | 2011.09.28(水) 18:26 |  | コメント編集

●承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 | 2011.09.26(月) 17:22 |  | コメント編集

●「栃木県」に続き、「福島県」も人口が200万人を割りました。

宇都宮支部長様、こんにちは。

今日、「福島民友新聞社」の公式ページにある「県内ニュース」のコーナー(http://www.minyu-net.com/news/news/0901/news1.html)を見たら、「栃木県」の北隣に隣接する「福島県」の今年7月1日現在の推計人口が以下の通りとなりましたので、お知らせします。

199万7400人(1978年6月1日以来、33年1ヶ月ぶり)

という事は、「福島県」も「栃木県」に続き、人口が200万人を下回ってしまい、「群馬県」も今年中には人口が200万人を下回る恐れも出てきましたね。

やはり、「福島県」では東日本大震災による死者と福島第一原発事故による放射性物質の影響を懸念する県民の県外避難の続出で、今年の3月から僅か4ヶ月で2万7001人も減少したのが決め手となった様ですね。

このまま「栃木」、「福島」の両県の人口減少が続けば、人口数が「岡山県」(約197万人)に抜かれるのも時間の問題ですね。

それでは、また。
通勤快急 | 2011.09.08(木) 14:53 | URL | コメント編集

●栃木県の人口が200万人を割りました。

宇都宮支部長様、こんばんは。

今日、「栃木県」の公式ページにある「栃木県毎月人口推計月報」のコーナー(http://www.pref.tochigi.lg.jp/c04/pref/toukei/toukei/popu1.html)を見たら、同県の今年8月1日現在における推計人口が200万人を割りましたので、お知らせします。

199万9823人(前月より525人減少)

自然動態:279人減少
社会動態:246人減少

それでは、また。
通勤快急 | 2011.09.05(月) 22:37 | URL | コメント編集

●Re: 「栃木県」の北隣にある「福島県」も推計人口が200万人割れ寸前となりました。

to 通勤快急さん

栃木も群馬も福島も、それぞれ震災の影響がありそうですね。
特に、福島県は平成22年国勢調査の結果からすれば、次回の調査まで
200万をギリギリ維持するか、と思われていただけに、この結果は
如実です。住民登録ベースで切りましたから、常住ベースでは
相当減ってるんでしょうねぇ‥。
栃木は福島からの流入増がもっと影響すると思ってましたが、
やはり登録を移していない人がまだまだ少ないということの表れ
の一つなのかもしれません。

いずれにしても、福島県を中心とした人口移動の状況が、
本来の人口増減以上に注目すべきポイントになってきましたね。
宇都宮支部長 | 2011.09.03(土) 05:57 | URL | コメント編集

●「栃木県」の北隣にある「福島県」も推計人口が200万人割れ寸前となりました。

宇都宮支部長様、おはようございます。

今日、「毎日新聞社」の公式ページにある「地域ニュース」の「福島 記事」コーナー(http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20110825ddlk07040176000c.html)を見て確認したところ、「栃木県」の北隣にある「福島県」の今年6月1日現在の推計人口が以下の通りとなりましたので、お知らせします。

福島の推計人口:200万953人(前月比4847人減少)

という事は、「福島県」も次回公表で「栃木県」と同様、200万人割れが確実となってきましたね。

やはり、東日本大震災における死亡増や原発事故後の転出増が同県の人口の200万人割れに拍車をかける結果となりました。

それでは、また。
通勤快急 | 2011.08.30(火) 06:27 | URL | コメント編集

●栃木県の人口が13年4ヶ月ぶりに200万人割れとなりました。

宇都宮支部長様、こんばんは。

今日、「読売新聞社」の公式ページにある「地域」の「栃木」のコーナー(http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tochigi/news/20110828-OYT8T00048.htm)を見たら、今年8月1日時点における「栃木県」の人口が下記の通りとなりましたので、お知らせします。

栃木県:199万9823人(前月より525人減少)
群馬県:200万1089人(前月より407人減少)

という事は、「栃木県」の人口が13年4ヶ月ぶりに200万人を割ったのと同時に、「群馬県」も今年中には200万人割れになる可能性が高くなってきましたね。

尚、上記の内容は、以下の公式ページを見て判明しました。

「読売新聞社」の公式ページにある「地域」の「栃木」のコーナー。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tochigi/news/20110828-OYT8T00048.htm

「群馬県」の公式ページにある「2011年8月現在における群馬県の人口と世帯の動き」のコーナー。
http://toukei.pref.gunma.jp/idj/data/idj201108.pdf

それでは、また。
通勤快急 | 2011.08.28(日) 20:49 | URL | コメント編集

●「栃木」・「群馬」の両県における「2011年3月末現在」における「住民基本台帳に基づく人口動態調査」では、両県ともそれぞれ200万人割れとなりました。

こんにちは。

今日、各新聞社の公式ページを見て確認したところ、総務省が今月の9日に今年3月末に実施した住民基本台帳に基づく人口動態調査の結果、栃木・群馬の両県の人口がそれぞれ200万人割れとなっている事が判明しましたので、お知らせします。

栃木県:199万5901人
群馬県:199万8558人

※「住民基本台帳に基づく人口動態調査」=「日本国籍で市町村に住所があり、住民基本台帳に記載されている住民の数を集計したもの」。

上記の内容は、下記のホームページを見て確認しました。

「下野新聞社」の公式ページにある「2011年8月10日」の「トップニュース」のコーナー。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20110809/584883

「上毛新聞社」の公式ページにある「2011年8月10日」の「上毛新聞ニュース」のコーナー。
http://www.raijin.com/news/a/2011/08/10/news03.htm

それでは、また。
通勤快急 | 2011.08.19(金) 10:20 | URL | コメント編集

●今年の7月1日現在の「栃木県」の人口は、前月より169人増加しました。

こんにちは。

今日、「栃木」と「群馬」の両県の公式ページを見たら、これらの両県での今年7月1日現在の総人口が下記の通りとなりましたので、お知らせします。

栃木県:200万0348人(前月より169人増加)
群馬県:200万1496人(前月より346人減少)

それでも「栃木」と「群馬」両県の人口がそれぞれ200万人割れ寸前の状態が続いている事から、予断を許されない状況ですね。

上記の内容は、以下の公式ページを見て判明しました。

「栃木県」の公式ページにある「栃木県毎月人口推計月報」のコーナー。
http://www.pref.tochigi.lg.jp/c04/pref/toukei/toukei/popu1.html

「群馬県」の公式ページにある「群馬県の人口と世帯の動き」のコーナー。
http://toukei.pref.gunma.jp/idj/data/idj201107.pdf
通勤快急 | 2011.08.04(木) 17:06 | URL | コメント編集

●「栃木」、「群馬」の両県が200万人割れ寸前の状態になった理由として、昨年の「自殺死亡率」も最大の要因。

こんにちは。

「栃木」、「群馬」の両県が200万人割れ寸前の状態になった理由として、昨年の「自殺死亡率」も最大の要因ですね。

[平成22年の自殺死亡率ワーストランキング]

12位:群馬県 25.7
16位:栃木県 25.0

全国平均 23.4

情報元は、「厚生労働省」の公式ページにある「平成22年人口動態統計月報年計(概数)の概況」のコーナー
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai10/toukei10.html

という事は、「栃木」・「群馬」両県は、北部に山間部と積雪地域が多い事から、各都道府県別の「自殺死亡率」が平均値より高いですね。
通勤快急 | 2011.07.14(木) 15:57 | URL | コメント編集

●Re: 栃木県の人口が「200万人割れ」寸前の状態になりました。

to 通勤快急さん

いよいよ、両県とも200万人切りが時間の問題になってきましたね。
栃木県は、国外への転出が多くなっており、やはり地震で事業所が
被災した影響が出ているようです。
宇都宮支部長 | 2011.07.03(日) 08:42 | URL | コメント編集

●栃木県の人口が「200万人割れ」寸前の状態になりました。

こんにちは。

「2011年6月1日現在」における栃木、群馬両県の人口推計値が下記の通りとなりましたので、お知らせします。

栃木県 200万0179人(前年同月比より5705人減少)
群馬県 200万1842人(前月より294人減少)

という事は、栃木県の人口が「200万人割れ」寸前の状態になったものの、辛うじて200万人台を維持したのが幸いでしたね。

上記の内容は、以下の公式ページを見て判明しました。

「下野新聞社」の公式ページにある「トップニュース」のコーナー。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20110628/552090

「群馬県」の公式ページにある「群馬県の人口と世帯の動き」のコーナー。
http://toukei.pref.gunma.jp/idj/data/idj201106.pdf
通勤快急 | 2011.06.29(水) 18:33 | URL | コメント編集

●Re: 「栃木県」の人口は今年の4月1日現在で「200万1005人」となりました。

to 通勤快急さん

栃木県も推計ベースで200万人を割り込みそうな気配ですね。
今後、震災関係で福島県などの避難者がどう影響するか、
その辺りも気にはなります。推計は住基ベースだからあまり
影響はないかもしれないですが。行方を見守りたいと思います。
宇都宮支部長 | 2011.05.21(土) 11:14 | URL | コメント編集

●「栃木県」の人口は今年の4月1日現在で「200万1005人」となりました。

こんばんは。

今日、改めて各自治体の公式ページを見て確認したところ、「和歌山」、「栃木」、「群馬」各県の「平成23年4月1日現在」の人口が以下の通りとなりましたので、お知らせします。

和歌山県: 99万6184人
 栃木県:200万1005人(前月より4056人減少)
 群馬県:200万2755人(前月より2671人減少)

情報元は、以下の公式ページを見て判明しました。

「和歌山県」の公式ページにある「和歌山県の推計人口」のコーナー。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/020300/suikei/2011_4/h2304.pdf

「栃木県」の公式ページにある「平成23年4月1日現在」の「栃木県毎月人口推計月報」のコーナー。
http://www.pref.tochigi.lg.jp/c04/houdou/h23maijin.html

「群馬県」の公式ページにある「群馬県の人口と世帯の動き」のコーナー。
http://toukei.pref.gunma.jp/idj/data/idj201104.pdf

という事は、このままいくと今年中に「栃木」、「群馬」両県の人口が200万人を割る可能性が近付いてきましたね。
通勤快急 | 2011.05.16(月) 23:10 | URL | コメント編集

●栃木県の人口は、昨年の国勢調査の集計結果で「200万7014人」となりました。

こんにちは。

今日、改めて「読売新聞社」の公式ページにある「地域」の「栃木」のコーナー(http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tochigi/news/20110225-OYT8T01051.htm)を見たら、栃木県の人口が昨年の国勢調査の集計結果で以下の通りとなりましたので、お知らせします。

200万7014人(5年前より9617人減少。)
通勤快特 | 2011.02.26(土) 16:13 | URL | コメント編集

●現座点において、「栃木県」の人口が「200万5000人」を割りました。

こんにちは。

今日、「栃木県」の公式ページにある「栃木県毎月人口推計月報」のコーナー(http://www.pref.tochigi.lg.jp/c04/pref/toukei/toukei/popu1.html)を見たら、2011年1月1日現在における同県の人口は以下の通りとなりましたので、お知らせします。

200万4258人(前月より707人減少)
通勤快特 | 2011.02.21(月) 14:49 | URL | コメント編集

●Re: 群馬県の人口、199万9千人割れが予想されます。

to 通勤快特さん

群馬県は、先日、国勢調査の速報を独自に公表して、
200万人をキープしたことが分かりました。
公表時の、群馬県の説明のいい加減さが際立ちましたが、
まぁ何はともあれ、、、ということのようです。
宇都宮支部長 | 2011.01.30(日) 00:01 | URL | コメント編集

●群馬県の人口、199万9千人割れが予想されます。

こんにちは。

今日、「群馬県」の公式ページにある「基本統計・群馬県移動人口調査」のコーナー(http://toukei.pref.gunma.jp/toukei/idj201009.htm)を見て確認したところ、昨年9月1日現在の同県の人口が以下の通りとなりましたので、お知らせします。

[2010年9月1日現在の群馬県の人口]

199万9332人(前月より536人減少)
通勤快特 | 2011.01.25(火) 10:57 | URL | コメント編集

●Re: 栃木県の人口が200万5000人を割りました。

to 通勤快特さん

情報をありがとうございます!
いよいよ、2月に国勢調査の速報が公表されるようですね。
人口推計とどの程度の差があるか、気になるところです。
宇都宮支部長 | 2011.01.18(火) 23:55 | URL | コメント編集

●栃木県の人口が200万5000人を割りました。

こんばんは、初めまして。「通勤快特」と申します。

今日、「栃木県」の公式ページにある「栃木県毎月人口推計月報」のコーナー(http://www.pref.tochigi.lg.jp/pref/toukei/toukei/popu1.html)を見て確認したところ、先月(2010年12月)1日現在における本県の人口が判明しましたので、お知らせします。

200万4965人(2010年11月と比較して131人減少。)
通勤快特 | 2011.01.18(火) 02:18 | URL | コメント編集

●上毛かるた

それでは…


力合わせる190万!!
再び…!?


実家にある上毛かるたがまた使えます(^o^)/(笑)。



でも、高齢化…
温暖化……
経済問題などなど。

自然へ帰れ!

って昔の哲学者は言っていましたね。
(名前でてこないυ ロック??)

バブルが全てのピークでしょうか。

80年代…幸せな時代だったと記憶しています。
ゆっこりん | 2010.09.06(月) 01:37 | URL | コメント編集

コメントを書いたら送信ボタンを押してください

コメント
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://utsunomiyahiroshi.blog47.fc2.com/tb.php/97-7a297257
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。